たまには不動産投資の話を~いつが買い時なのか?~

たまには不動産投資の話を~いつが買い時なのか?~

こんにちは、のぶぞーです。

 

今日は不動産投資についてです。

このブログでは珍しいですかね。

 

 

輸入ビジネスをやっている方の中で

いずれは不動産投資をやりたいという方は

多いのではないでしょうか?

 

 

 

この2つは結構、相性がいいと思うんですよね。

 

 

 

僕は数年前から不動産投資もやっていて、

複数の物件を所有、売却した経験があります。

 

 

 

独立する前は不動産関係の会社に勤めていたので、

 

宅建や不動産コンサルタントの資格を持っています。

 

 

なので、それなりには知識・経験があると思うのですが、

つくづく、「最近は本当に物件が高いな~。」と

思ったりしています。

 

 

 

数年前は普通にネット検索しても、

10%、15%を超える利回りの物件が

あったんですよね。

 

 

 

でも、今は築古の木造地方アパートでも、

利回りが10%いかない物件が多いです。

 

 

 

そもそも、築古でこの利回りだと、よほど

自己資金を入れるか、土地の評価が高くないと

銀行融資がむずかしいですが・・

 

 

 

人気の中古一棟マンションも利回り7,8%くらいの

ものが圧倒的に多いですよね。

 

 

 

 

でも、不動産で金持ちになったと言う本を

読んだりすると、「今すぐ欲しい!」と

なる人が多いんですね。

 

 

 

そして、売買の仲介業者に連絡をすると、、

 

「大丈夫ですよ♪融資をつけてくれる銀行を

紹介します。」

 

などと言って、金利が高い某地銀を紹介されたりします。

 

 

 

ここで知識がない人だと、

「利回りが9%で金利が4%なら、5%も儲かる!

と思ってしまいます。

 

 

 

ですが、そんなに甘いものではなく、

たとえ、購入してから数年間は多少、

利益が出たとしてもある時点からは赤字になります。

 

 

 

 

これを専門用語で「デッドクロス」と言います。

 

 

 

要は、減価償却の関係で、経費にできる部分が年々、

減少して、手元にお金がないのに、税金が高くなって

行くんですね。

 

 

 

まだ、不動産の会社にいたとき、ある不動産投資の

パーティーに行ったら、アーリーリタイアしたと言う

28歳の男性がいました。

 

 

 

話を聞いたら、中古の一棟マンションを4棟買って、

月の収入が100万円を超えたから、リタリアしたそうです。

 

 

 

ついでに、ベンツも買ったそうです笑

 

 

 

その時はなにも言いませんでしたが、この方が

知識があるのなら、いいのですが、そうでない場合は、

破産する可能性もあります。

 

 

 

なので、不動産投資をしたい方は、

いきなり買うのではなく、きちんと

知識をつけてから買った方がいいですね。

 

 

 

あと、

それでは収益物件を買うのはいつ頃がいいのか?

ということですね。

 

 

 

不動産の価格は景気とかなり連動しています。

 

 

 

なので、あと数年は物件価格は高いままだと

僕は考えています。

 

 

 

そして、僕だけではなく、知人の不動産のプロも

同じ意見でしたが、次の買い時は、

「東京オリンピックの後」です。

 

 

 

もちろん、だれにもわかりませんが、

そのころには景気が低迷期に入る可能性があります。

 

 

 

すると、もろもろの要因から、高い時期に

物件を買った人たちが、物件を手放さざるを

得なくなる可能性があります。

 

 

 

 

そこで、その物件を安く買っていくのです。

 

 

 

また、そのころにはさらに高齢化が進むので、

相続税がらみで物件を売却する人も

増えてくると思います。

 

 

相続税もどんどん上がっていますので。

 

 

なので、今は焦って高い物件を買わずに、

輸入ビジネスでお金をためていけば

いいと思います。

 

 

 

僕も不動産投資で多少、儲かりましたが、

きちんとやれば不動産投資はやはり王道ですので。

 

 

 

少し長くなりましたが、不動産投資についてでした。

 

ブログランキングに参加しております。
ポチっと押していただけますと、大変励みになります!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

編集後記

タイの市場で買った靴を3足、ヤフオクで販売したら、

1週間以内に2足売れました。

名刺をもらったので、仕入の交渉をしてみようと思います。