せどり すり替え被害?! すり替え防止策について

せどり すり替え被害?! すり替え防止策について

こんにちは、のぶぞーです。

これは、本当に増えているので

注意が必要です。

 

 

 

 

僕の知人がある新品のタブレットを

販売したんですね。

 

 

 

すると、2週間後に商品不良で返品されたそうです。

 

 

 

 

2万円以上する高額品なので、痛いですよね。

 

 

 

 

そして、その商品を返送して、

中身を確認したところ・・・

 

 

 

 

「あきらかに中古品が入っている!」

 

 

 

実は、知人は前にも同じようなことがあったので、

購入者宛に、「訴訟」というようなことも

含めて連絡したようなんですね。

 

 

 

すると、「購入者を脅すとはとんでもないセラーだ!!」

ということで、逆にアマゾンへ連絡されたそうです。

 

 

 

この後の内容は複雑な事情もあって、

書けませんがおそろしいですよね。

 

 

 

「購入者を脅迫するセラー」ということで、

アカウント停止にされる恐れも・・・

 

 

 

知人は以前の教訓から、

高額品については、出品前にシリアルナンバーを

撮影して記録していました。

 

 

 

なので、今回は「自分が出品した商品とはあきらかに違う。」

という証拠を出すことができました。

 

 

 

でも、この画像がなかったら、泣き寝入りの

可能性が高いです。

 

 

 

 

しかし、すり替えを意図的にやられたら、

恐ろしいですよね・・

 

 

 

なので、高額品を出品するときには、

多少、めんどうでも、記録をのこすことが

大事ですね。

 

 

 

僕も長年、販売業をやっていましたが、

ごく一定数は悪意のある方がいるものです。

 

 

 

せどりに限らず、輸入品もかもしれませんが、

高額品の出品にはご注意ください!

 

ブログランキングに参加しております。
ポチっと押していただけますと、大変励みになります!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

編集後記

明日は、またプロレス観戦です。

最近、行きすぎな気がします笑