思わぬ出費が発生!~法人設立時の注意点~

思わぬ出費が発生!~法人設立時の注意点~

1

こんにちは。のぶぞーです。

法人をつくるときの注意点を書きました。

 

 

今日も売上は好調でした。

 

 

やはり、給料が出た後は売上が伸びる傾向がありますね。

 

 

7月ものこり3日間。

 

 

月利50万円に近づけていきたいと思います。

 

 

さて、今日のテーマですが、

 

「法人設立時の注意点」です。

 

 

と、いうのも、現在、銀行融資の申請中なのですが、

定款を一部、修正する必要が発生しました。

 

 

僕が法人を設立したのは2年前になります。

 

 

その時は、とりあえず、法人をつくるかという感じで、

「費用が安いから合同会社でいいや。」

「事業内容は輸入品の販売と不動産事業にしとこう。」

 

 

こんな軽い感じで、あまり考えずにつくりました。

 

 

ところが、中古品も売ろうと思い、古物商免許を

取得するときに、事業内容の変更が必要になり、

10万円近くかかってしまいました。

 

 

さらに、今回、融資を受けるために銀行めぐりを

している中で、大きく借りていくためには

株式会社の方がいいなと感じたので、変更を。

 

 

さらにさらに、融資を受ける理由を「国内商品の

販売です。」とあまり考えずに融資担当者に話したところ、

「定款にその文言がありませんね。」と指摘され、こちらも変更に。

 

 

実はこれ以外にも変更手続きがあったので、

総額で60万円ほどの出費になりました・・・

 

 

もちろん、事業を拡大していく中で

法人の内容を変更することは起きてきますが、

僕の場合は、将来のビジョンを考えずに

法人をつくったのが原因でした。

 

 

サラリーマンでも簡単に法人はつくれますが、

まずは、どんな事業を行うのか、きちんと

決めてから作る方がいいですね。

 

これから、法人をつくるときの参考にしてください!

 

 

※いつもありがとうございます。クリックしていただけるとうれしいです!

ブログランキングに参加しております。
ポチっと押していただけますと、大変励みになります!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ