【僕の失敗事例①】同じ商品の複数仕入→
具体的な数字を公開

【僕の失敗事例①】同じ商品の複数仕入→具体的な数字を公開

1

こんにちは。のぶぞーです。

今日はいわゆる在庫の縦積みで失敗した事例を

紹介します。

 

「縦積み」とは同じ商品(単品)の在庫をたくさん持つことですね。

 

特にヨーロッパから仕入れる場合は、複数、購入すると

価格が安くなるので、メリットがあります。

 

ですが、需要と供給を間違えると痛い目をみることも・・・

 

僕の過去の事例ですが、この商品をヨーロッパから

仕入れました。

1

 

日本でもおなじみのめぞん一刻のDVDですね。

最初に2つ、仕入れたのですが、その時は2つとも

3,200円の利益を出すことができました。

 

 

「おー、これは儲かる!日本でも人気のアニメだし・・」

 

と思い、次は一気に5個、仕入れました。

 

 

すると、出品者が増えていたこともあって、

以下のような結果に・・・

 

 

1個目  利益プラス1,400円

2個目  利益プラス 300円

3個目  利益     ▲800円

4個目  利益  ▲1,400円

 

 

そして、価格がどんどん下がったので、5個目は4か月間、

待って、相場が回復するのを待ちましたが、

逆に下がり続けた結果、赤字の大放出に!

 

 

5個目  利益  ▲3,700円

 

絵にかいたような在庫の縦積みの失敗例ですね笑

 

 

アマゾン輸入あるあるですが、「これは売れる!」と思っても、

他のセラーも同じように考えていることも多いので、

誰でも売れる商品の場合、在庫の縦積みには注意が必要です。

 

 

先日も書きましたが、メーカー仕入の場合も同じですね。

 

 

ちなみに、直取セラー同士、今も利益率5%台の不毛な争いをしていたりします。

 

 

完全に需要と供給を見極めるのは難しいですが、

過去の相場の変動や競合セラーの人数の増減などをみて、

予測を立ててから仕入れるだけでも失敗の確率は減ると思います。

 

初心者の方は参考にされてみてください!

 

 

 

ブログランキングに参加しております。
ポチっと押していただけますと、大変励みになります!

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ